ハイジニーナ脱毛ってなに?

ハイジニーナ脱毛という言葉をきいたことがありますか?
最近、脱毛サロンのコースの中でちらほら見かけますが、ハイジニーナ脱毛とは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部上部から下部にかけて)、Oライン(肛門まわり)の脱毛のこと。
そもそもハイジニーナという言葉は、アンダーヘアがまったくない状態のことを指しています。ハイジーン(衛生的)という言葉からきていて、そのスタイルにしている人のことをハイジニーナというのです。
海外ではセレブだけでなく、一般の人も普通にやっているそう。日本でも芸能人なんかでやっている人がいて、脱毛サロンのコースの名前になったりして知られるようになりました。見た目のキレイさという点ももちろんですが、ムダ毛によるムレやにおいなどから解放されるという面もあるそうです。そういわれると、確かに生理のときなどは気になりますよね。
でもつるっとすべてなくしてしまうなんてすごい抵抗があります…という方。
脱毛サロンのハイジニーナコースは、必ずしもすべて脱毛しなくてはならないというわけではありません。
Vラインは少し残して、あとはすべて処理をしたりなど、組み合わせは相談しながら決められるので大丈夫。でも通っているうちに、自己処理の楽さなどからやっぱり全部なくしちゃおうと思い直す方も多いみたいです。
ハイジニーナにすることにはデメリットももちろんあります。
まずは肌へのダメージ。陰毛がないことで、下着と肌が直接すれてしまって痛みやかゆみがおこることも。敏感肌の方はあまりお勧め出来ません。
そして見た目。日本ではまだあまりハイジニーナが一般的ではないので、温泉など、公共の場で人目をひいてしまうことが考えられます。
デリケートゾーンというだけあって、いろんな意味でデリケートな部分。様々な面を考慮した上で、脱毛範囲を決めることをおすすめします。

関連記事